ダーツ

DARTSLIVE-200S(ダーツライブ200S)-設置・使い方ガイド-

 

コンセプト

こんな人におすすめ

・最近、趣味でダーツを始めたけど、なかなか上手く的を狙えない。

・こっそり家で練習して、みんなと差をつけたい。

・女の子にかっこいい所を見せて、キャーキャーいわれたい。

そんな人に是非オススメしたい!

家庭用ダーツ購入までの経緯

実はテンパもほんの少し前に、ダーツにハマってしまいました。

ダーツを始めたきっかけは、友達に連れられて、なんとなく行ったダーツバー。

ダーツは今までやったことがなかったけど、なんとなく簡単そうなイメージがありました。

でも、実際は狙ったところへ全く飛ばない・・・。それでも、何回か投げていると、徐々に狙えるようになってきます。上手い人は本当に上手いです。狙ったところへピュンピュン飛ばしていきます。

簡単そうに見えて、意外と難しいダーツ。友達とやると大盛り上がりです。

そんな下手くそなテンパを夢中にさせたのは、なんといっても あの音 ではないでしょうか。

ダーツをやったことがある人はわかると思いますが、ブルに入った時に出るあの音です。

あの音が鳴った時の快感が、やみつきになります。

それから、仲の良い友達と飲みに行くと、2次会はダーツバーなんてことが増えました笑

しかし・・・
毎回行くとなると結構お金がかかるし、混んでいると長時間ダーツマシンを独占するのは気が引ける

 

ダーツバーだけじゃなく、家で気兼ねなくダーツをやりたい。(あと、1人でこっそり練習をしたい。)

チー

1人でコソ練なんて、ずるいの!

テンパ

おやつあげるから、内緒にしようね!ね!

前置きはさておき、家庭用ダーツはいろいろあるけど、
やるならやっぱり、ダーツバーにあるダーツマシンのような

① 01 やクリケットなど、いろいろなゲームで遊べて、スコアが画面に表示される!

② ダーツと言ったらあの音が大事!ブルに入った時の音、あの音が家でも聴きたい!


テンパ

この条件は絶対に譲れません。

チー

わがままですね。

でも、流石にダーツマシンは家に置けないので、
いろいろネットをぽちぽちしていたら、こんな商品を発見しました。

テンパ

ここだけの話、即決しちゃいました笑

チー

えー!?えっ!?

テンパ

他と比較すると少し高めだけど、この機能がスゴイ!

DARTSLIVE-200S おすすめポイント

なんと!ダーツバーのダーツマシン「DARTSLIVE2」と

  ① 同じボードサイズ(15.5インチ約39センチ)

   ② 同じ映像

   ③ 同じサウンド

 がそのまま家で楽しめます!

( 無料の専用アプリをスマホやタブレットにインストールして )

 

また、01 やクリケットなどのお馴染みのゲームはもちろん、1P~4Pで対戦することができます。

レーティング算出やデータの閲覧も可能なのでダーツバーと同じ条件でプレイできす


ダーツセットは一式付属されている
ので、他にそろえなくてもすぐに始められます。

<商品の詳細>

サイズ:W570.6mm×H530.0mm×D41.5mm

重量:3.68kg

付属品:DARTSLIVE-200Sダーツボード / 取扱説明書・保証書・設置用紙 / ソフトダーツセット×2 / 取付ねじ/ USBケーブル(電源供給用)

<搭載ゲーム一覧>

01
  • 301 / 501 / 701 / 901 / 1101 / 1501
CRICKET
  • STANDARD CRICKET
  • CUT THROAT CRICKET
PRACTICE
  • COUNT-UP
  • CRICKET COUNT-UP
  • EAGLE’S EYE
  • HALF-IT
  • SHOOT OUT
CHALLENGE
  • 練習したいエリアを複数エリア自由に選択できるようになりました。
  • また、最大3つのカスタムターゲットを設定・保存することが可能。
ROBO RIVAL
  • 301 / 501 / 701 / 901 / 1101 / 1501
  • STANDARD CRICKET
  • MEDLEY
MEDLEY
  • 3LEG MEDLEY
  • 5LEG MEDLEY
  • 7LEG MEDLEY

 

これだけ見ても欲しくなっちゃいますが、気になるのは使ってみてどうなのですよね?

導入

設置

ダーツボードの設置方法は、2パターンあります。

① 壁に付属のネジで穴をあけて設置する。

② 専用のダーツスタンド(別売り)を購入して設置する。

テンパは賃貸に住んでいるので、直接壁に穴をあけるなんてことはできません。
なので、ポール型ダーツスタンド(画面下)を購入して、それに設置しています。

ポール型は、床と天井でとめる突っ張り棒のような作りになっていて、場所を取らず、とてもスタイリッシュです。
セットで買うとおトクですよ!

あと、ダーツ下手ということもあり、壁に穴をあけないように、ホームセンターでプラスチックの板(180×90で1000円ぐらい)を購入し、スタンドと壁の間に立てています。

接続

① 接続する専用アプリ(無料)のインストールをします。
OS端末、Android端末、Mac、Windowsに対応しています。

今回は、iPadにアプリをインストールします。
「App Store」を開き、DARTSLIVE-200S と検索すると下のアプリが出てくるので、インストールしてください。

 

② インストールが完了したら、ダーツボード右の電源ボタンから電源をいれ、ダーツボード左にある「Bluetooth」ボタンを押し、ボタンが点灯しているか確認してください。

 

③ iPadの「設定」から「Bluetooth」をオンします。

 

④ 次にダーツボードのボタンを点滅するまで長押しします。するとiPadの「設定」→「Bluetooth」画面下に「DARTSLIVE-200S」が認識されるので、接続します。

 

⑤ 先ほどインストールしたアプリを起動させると、下の画面で出てくるので、ダーツボードの黄色と赤のボタンを同時に押します。

 

⑥ すると、4つの数字が表示されるので、その順番通りにダーツボードの点数を押します。  

⑦ これで接続完了です。


テレビやパソコンモニターに表示する方法はこちらをどうぞ!

DARTSLIVE-200S(ダーツライブ200S)ーテレビやパソコンモニターに表示する方法DARTSLIVE-200Sを使って家でダーツをしているが、スマホだと画面が小さすぎて雰囲気が出ない。そんな方へ!今回は、DARTSLIVE-200Sアプリをテレビやパソコンのモニターなど大画面に表示する方法を、いくつかご紹介します。...

使い方

基本画面は下の画面が表示されます。

プレイヤー数を増やしたい場合は、画面右の「PULL」をスライドさせれば、プレイヤー数の設定ができます。

基本は画面をタッチするだけなので、難しい説明は特にありません。感覚で使いこなせると思います。

画面下「カード」から、グラフィック等の個人設定を変えたり、レーティングを見ることができます。いろいろいじってみると面白いです。

 

01

 

クリケット
 

ロボ(CPU)対戦

その他のゲーム

こんな感じです。ダーツボードの黄色と赤のボタンでも操作できますよ。

あともちろん、ブルにささるとあの音も聞けます!

まとめ

使ってみての感想は、流石にダーツマシンには敵わないものの、グラフィックや音は十分すぎるというか、クオリティーが高すぎです。いろいろなゲームを選択でき、レーティングも表示され、とても家ダーツとは思えません。

あと、家ダーツをすると、音が結構気になるかなと心配していましたが、ボードに刺さる音も思ったより響かないので、テンパは好きな時間にダーツを投げて楽しんでいます。

1人で練習したり、家にみんなをよんでダーツをしながら、ホームパーティなんてこともできますよ。

さあ、あなたも家でコソ練を始めて、みんなに見せつけてやってください!


テレビやパソコンモニターに表示する方法はこちらをどうぞ!

DARTSLIVE-200S(ダーツライブ200S)ーテレビやパソコンモニターに表示する方法DARTSLIVE-200Sを使って家でダーツをしているが、スマホだと画面が小さすぎて雰囲気が出ない。そんな方へ!今回は、DARTSLIVE-200Sアプリをテレビやパソコンのモニターなど大画面に表示する方法を、いくつかご紹介します。...