旅行

初めてのヨーロッパ 新婚旅行記 ③
 ~イタリア・フランス8日間

③ 充実!イタリア観光・ローマ(午前)編

新婚旅行の準備中、旅行中、帰国してから感じたことのお話です。
長くなってしまったので、分割させていただきます。
今回は、③充実!イタリア観光・ローマ(午前)編 です。

【 日程表 】

ヨーロッパにいくならここをチェック★日本旅行の海外ツアー♪

1日目 … 札幌からローマへ

チーを実家に預け、07:50に新千歳空港を出発して、成田空港、チューリッヒ空港を経由して、19:10にイタリア・ローマのフィウミチーノ空港に到着しました。

そのままバスに乗り、宿泊先のホテル「ローマチッタ」へ。こちらに2泊します。
お部屋の感想は、とても綺麗でオシャレ。日本のデザイナーズホテルのようでした。

ホテルにレストランやバーがありましたが、機内で夕食をとっていたのと、疲れていたので、シャワーを浴びてすぐに寝ました。

 

2日目 … ローマ

ツアーの朝は早いです。
ホテルからバスでローマへ向かい、市内観光です。

♪日本旅行のイタリア特集♪

♪日本旅行のフランス特集♪

●バチカン市国

ローマ法王が統治する世界最小の独立国家で、キリスト教の聖地で、ユネスコの世界遺産に登録されています。
領土はサン・ピエトロ大聖堂、バチカン博物館、バチカン宮殿で占められています。
ローマ法王が住んでいるのはバチカン宮殿です。

チー

チーからのアドバイス☆
服装に要注意なの!

ノースリーブ・ミニスカート・短パンなどの、肌を露出した格好では入場できません!
足元も、ビーチサンダルは良くないとのことでした。夏場は注意が必要ですね。
中で羽織る用のカーディガンやストールなどを持って行くのもおススメです。

 

真ん中のバルコニーは「祝福のバルコニー」と呼ばれていて、新しい法王が決まると、このバルコニーから発表されます。
新しい法王が決められる法王選挙(コンクラーベ)が行われる会場は、システィーナ礼拝堂です。

 

↑スイス衛兵さんです。
宮殿の入口などを交替で24時間体制で警護しています。
現存する世界最古の軍隊だそうです。
微動だにせず、威圧感というか存在感があって、キリッと格好良かったです。

 

●サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂はカトリック教会の主聖堂、総本山です。

入口を入って右側に、ミケランジェロの傑作である「ピエタ」があります。
私が絶対に見たかったもの!「ピエタ」の前にはものすごい人だかりで、みかん位の大きさでしか見えません。
どうやって近付こう…と思っていたら、ガイドさんが
「あれがピエタですー。混んでますねー。ハイ、行きましょう~。」
…?!(° °)
後から走って追い付くから、これだけは見させてくれ、とテンパに言ったら怒られました。ですよね…。

ツアーは時間が決まっているからしょうがないとわかっていても、奥に進んでみんなうろうろしていた時、こんな時間があるなら「ピエタ」見れたじゃないか、と思ってしまいました。ツアー中で個人的に一番がっかりしたことです。改めて見に行きたいです。

チー

「ピエタ」はミケランジェロが
唯一サインした作品だよ。

 

ベルニーニ作のバルダッキーノ。
バルダッキーノとは祭壇の天蓋のことで、こちらはブロンズで作られています。
戦争の影響で、製作中にブロンズが足りなくなって、パンテオンからはがしてきたとも言われているそうです。
上のクーポラ(半円型の天井)は、ミケランジェロが設計しました。

 

●バチカン博物館

歴代ローマ法王の収集品を展示した博物館で、総面積約4万平米、見学コースは7km以上の世界有数の巨大博物館です。
バチカン宮殿には、大きいものから小さいものまで20以上の美術館があり、それらを合わせてバチカン博物館と呼ばれています。

見学当日は月曜日でしたが、とても混んでいました。
私達はツアーで事前にチケットを予約してあったので、予約者専用の入口から入場したのですが、それでも20分ほど待ちました。
ガイドさんによると、混んでいる日に窓口でチケットを買おうとすると、入場まで2時間以上かかることも珍しくないとのことでした。

じっくり鑑賞すると4時間ほど必要になりますので、そこまで時間がない方はガイド本などで、事前に見たい作品を決めて回られると良いと思います。
また、博物館備え付けの地図はわかりにくいので、迷子が心配でしたらガイド本を持って行くことをおススメします。

私達はイヤホンガイドが配られて、作品についてのガイドさんの説明を聞きながら進みました。
個人の方は、7ユーロで日本語のオーディオガイドを利用できます。ただし、パスポートかクレジットカードが必要になります。

壁も天井も、何処もかしこも全てが宝物でした!
ひとつひとつ丹念に見たい気持ちを抑えて、ガイドさんに付いて歩きました。

 

●システィーナ礼拝堂

写真撮影は禁止されていて、荘厳な空気でした。
ミケランジェロの壁画「最後の審判」が有名ですね。
天井画もミケランジェロ作です。

「アダムの創造」も、とても有名ですね。


に続きます。

 

 ☜ ☜ ☜ 前回は【 ② 事前に準備する事&持ち物編 】です 

 次回は【 ④ 充実!イタリア観光・ローマ(午後)編 】です ☞ ☞ ☞ 

 

 

こんな記事もおすすめ