アドセンス

【初心者】スポンサーリンクとアドセンス広告間の余白(行間)を無くす方法

アドセンス広告コードを「スポンサーリンク」や「広告」のタグ下に貼って表示すると、タグとアドセンス広告の間に余白(行間)が表示されませんか?

 

こんにちは!テンパです。

アドセンス広告は、取得してアドセンス広告コードを貼るだけでユーザーの興味に合ったアドセンス広告を自動表示してくれます。また、ユーザーが広告をクリックするだけで報酬が発生します。


アドセンスに興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

Googleアドセンス–審査通過まで5日間とその流れ(2018年3月)Googleアドセンス導入を考えている方は必見!私が審査を通過した時のブログの状態や流れ、審査を通過するポイントを詳しく紹介します。審査に落ちてしまった方や審査結果待ちの方にもオススメです。この記事は2018年3月時点の情報です。...

とても便利で魅力的なアドセンス広告ですが、
その広告を表示する場所の上に「スポンサーリンク」や「広告」と表記するように決められているらしい!

そこで取得したアドセンス広告コードのすぐ上に「スポンサーリンク」と入れて、表示してみると・・・

 

このように「スポンサーリンク」とアドセンス広告の間に余白(行間)が表示されてしまいます。

 

この余白(行間)気になりませんか?

チー

とっても気になるの! 

今回はこの「スポンサーリンク」とアドセンス広告間の余白(行間)を無くす方法を紹介します。


その前に、そもそもアドセンス広告の上に「広告」や「スポンサーリンク」のタグを入れる必要が本当にあるのか?

いろいろ調べてみて・・・

結論は入れても、入れなくてもどっちでもOKとのことでした。

いれる場合は「広告」または「スポンサーリンク」のみと決められています。
それ以外はポリシー違反になります。

ただ、記事中や他コンテンツと混同しやすい場所には、誤クリックやクリック誘導を防ぐためにも、「広告」または「スポンサーリンク」と表記することを勧められています

「広告」や「スポンサーリンク」のタグは、ユーザーに広告であることを示すためにも、入れておいた方が無難だと思います。


それでは、本題の「スポンサーリンク」とアドセンス広告間の余白(行間)を無くす方法です。

テンパ

手順は非常に簡単です!

取得したアドセンス広告コードのこの位置に「スポンサーリンク」と入力しましょう。

 

すると「スポンサーリンク」とアドセンス広告の間に余白(行間)が無くなり、すっきりとしました!
非常に簡単なので是非試してみてください!

 

以上、ちょっと短い記事になってしまいましたが、皆さまの参考になると幸いです。