ブログ

ショートコードを簡単入力!プラグイン「AddQuicktag」の設定&使い方

あなたはWordPress上で、サイトやブログを作成している時、ショートコードなどの入力を面倒に感じたことありませんか?

 

こんにちは! ものぐさのテンパです。

実は、テンパはパソコンのタイピングがそこまで速くありません。

そのため、ブログの記事でショートコードなどを入力していると、必要以上に時間がかかってしまい、とても面倒に感じていました。

チー

知ってるの!
イライラすると、貧乏ゆすりがすごいの!

テンパ

!?
そうだったのか・・・

そこで今回は、こんな悩みを改善するとっておきのプラグイン AddQuicktag をご紹介します!

WordPressでサイトやブログを作成するなら、この AddQuicktag は必ずインストールしておきたいプラグインの1つです。

AddQuicktag 導入することで、格段に作業効率がアップすること間違いなしです!

 

AddQuicktagとは

AddQuicktag とは、使用頻度の高いショートコードなどをあらかじめ登録しておくだけで、投稿画面からワンクリックでよび出すことができる、WordPressのプラグインの1つです。

テンパ

作業効率がグーンとアップします!

AddQuicktagの導入

まずは、AddQuicktag をWordPressに導入しましょう。

WordPressメニューから「プラグイン」→「新規追加」→「キーワード」に AddQuicktag と入力すると、赤枠のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」→「有効化」にします。

 

AddQuicktagの設定

AddQuicktag の導入が済んだら、次によく使うショートコードなどを登録します。

WordPressの「設定」→「AddQuicktag」をクリックすると、下の画面が表示されます。

 

いろいろな項目があって、設定が大変そうに見えますが、入力するのはこの5つです。
それ以外は入力しなくても、問題ありません。

① ボタン名
:ボタン名として表示されます。自分でわかるような名前を付けましょう。

② 開始タグ
:ショートコードなどの開始部分を入力します。
例 <strong>

③ 終了タグ
:ショートコードなどの終了部分を入力します
例</strong>

④ 順番
:数字を入力して、表示したい順番を決めることができます。空白のまま登録すると、登録順でボタンが表示されます。

⑤ 全てに✔マーク
:チェック項目は全てにチェックを付けます。一番右の赤枠にチェックを付けると、全ての項目に自動でチェックが付きます。

この✔マークは、どこで AddQuicktag のボタンを表示させるかという設定です。全てにチェックを付けると、下の項目全てで使えるようになります。

ビジュアルエディター 投稿画面・固定ページのビジュアルモード
post 投稿画面のテキストモード
page 固定ページのテキストモード
attachment メディア編集ページ
comment 管理画面のコメント返信
edit-comments 管理画面のコメント編集
widgets ウィジェット

それ以外は入力しなくても問題ないのですが、一応説明だけしておきます。

ダッシュアイコン
:アイコンを表示することができます。

ラベル名
:ボタンの説明を表示することができます。

アクセスキー
:設定するとショートカットキーのように使うことができるらしいのですが、上手く使うことができませんでした。

AddQuicktagの使い方

それでは、登録したショートコードなどを使ってみましょう。
WordPressの「投稿」→「新規追加」を開きます。

ビジュアルモードの場合、画面右側の「Quicktags」をクリックすると、先ほど登録した項目を呼び出すことができます。 
※入力したいタブを選ぶと「開始タグ」と「終了タグ」が両方入力されます。

 

テキストモードの場合、画面上にボタンとして、先ほど登録した項目が表示されます。
※入力したいボタンを選ぶと「開始タグ」が入力され、もう一度同じボタンをクリックすると「終了タグ」が入力されます。

チー

簡単!簡単!

まとめ

いかがだったでしょうか?

WordPressプラグイン AddQuicktag を使えば、面倒だったショートコードなどの入力が、ワンクリックで簡単に入力できるようになります。いろいろなショートコードを登録して、ぜひ作業効率の向上を図ってみて下さい。

参考になると幸いです。

こんな記事もおすすめ