パソコン

履歴もCookieも残らない!
Google Chromeシークレットウィンドウ

Google Chromeを使っていて、こんな時ありませんか?

ネットカフェや図書館などのPCを借りてインターネットをすること、ありませんか?

家でインターネットをする時、家族と共用のPCを使っていませんか?

 

こんにちは! テンパです。

テンパは家で仕事や作業をしているとだんだん煮詰まってきます。
そんな時は、PCを借りられるカフェや図書館へ出掛けて作業することがあります。

みなさんはそういう時、借りたPCに履歴やCookieが保存されるので、もし個人情報が悪用されたらどうしようと気になり、インターネットの幅が狭まったりしていませんか?

チー

ネカフェで、おやつ買うの!

テンパ

ちょっと待ってね

そんな時、いい方法があるんです!

 

Google Chromeのシークレットウィンドウ機能

Google Chromeには、シークレットウィンドウという機能があることをご存知でしょうか?

なんと、そのシークレットウィンドウで行った操作は、履歴に残らないし、Cookieに保存されないんです!

 

メリット

プライベートウィンドウを使うメリットは、キーボードの入力履歴、ウェブサイトの履歴や検索ワード、ログインに使ったアカウントIDやパスワードなどが全く残りませんし、Cookieにも保存されることはありません。

そのため、個人情報の流出を防いだり、悪用されないようにすることができます。

チー

これでいつでもおやつ買えるの♪

※ 注意
ただし、閲覧履歴やCookieが消えてしまうので、チェックしていた商品や、ショッピングサイトのカートの中身などを、後から見ることができなくなります。

また、よく閲覧するサイトのログインもいちいち手入力でログインしなければなりませんので、少々手間が増えます。

 

使い方

① を開いて、右上の点が縦に3点並んだ「 」にポインタを合わせると、「Google Chromeの設定」とポップヒントが出るので、クリックします。


② メニューが展開されるので、「シークレットウィンドウを開く」をクリックします。


③ シークレットモード画面が新たに立ち上がるので、検索バーにワードを入力して使用します。


④ シークレットウィンドウを終えたい時は、いつも通り右上の「×」をクリックして、ウィンドウを閉じるだけです。

 

シークレットウィンドウの起動を短縮したい方へ

立ち上げるには他にも2つの方法があります。
作業が少し早くなるので、オススメです。

  • ショートカットを使う
    ・ Windows OSの場合
      Chromeを起動させた状態で、[Ctrl]+[Shift]+[N]キーを押す。
    ・ mac OSの場合
      Chromeを起動させた状態で、[Command]+[shift]+[N]キーを押す。

 

  • タスクバーから起動する( Windowsの場合のみ)
    一番下にあるタスクバーに、あらかじめChromeをピン留め(登録)しておきます。
    Chromeのアイコンを右クリックするとメニューが表示されるので、「シークレットウィンドウを開く」をクリックするだけです。

 

まとめ

このGoogle Chromeのシークレットモードウィンドウを使うと、履歴もCookieも残らないので、普段から出先でも会社でも使用していると、ブラウザから個人情報が流出することを防げますね♪

また、ご家族で同じPCを共有してインターネットをする方にもオススメです。
いちいち履歴を消去するのは面倒ですし、うっかり消し忘れということもあると思います。

ちなみにこの機能は、Googleアプリをインストールさえすれば、iPhoneやiPad、Androidでも利用することができますよ!

みなさんの参考になると幸いです。

 

【iPhone】Safariで個人情報、履歴、Cookieが残らない方法iPhoneにブラウザとして標準搭載されているSafari。このSafariのプライベートブラウザ機能を使えば、ウェブサイトの履歴やCookieが保存されません。個人情報の悪用を防ぐためにも、とても重要です。今回は、Safariのプライベートブラウザ機能のメリット、使い方についてご紹介します。...