ブログ

今さらだけど・・・「バズる」の意味、説明できますか?

こんにちは!テンパです!

最近「バズる」って言葉をよく耳にしますよね。
でも、「バズる」ってどういう意味なの?って聞かれたら、何となーく理解していても、ちゃんと説明するとなると、なかなか難しいかもしれないですよね。

チー
チー
バズって、ト◯ストーリーのバズ・ラ○トイヤー??

 

テンパ
テンパ
違います!

そこで今回は、「バズる」という言葉について詳しく調べてみたので、紹介していきたいと思います。

「バズる」を知らない人は、この機会に覚えてみてはいかがでしょうか!

 

「バズる」とは何?

ツイッターで呟いた事が一気にリツイートされて拡散されたり、ブログのアクセス数が一気に爆発することってありますよね!

これを「バズる」といいます。

テンパ
テンパ
『チーとクルクルメモ』(このブログ)も、是非「バズり」たいものです。

「バズる」とは・・・

特定の単語や物事が、インターネット上で多くの人に爆発的に取り上げられることを意味する言葉。

使用場面は、主にTwitterやFacebookなどのSNSで、急に話題となった時が多いです。
もっぱら短期間に爆発的に話題が広がる場合に用いられます。

 

「バズる」の由来

「バズる」の由来は、英語の動詞「buzz」から来ていて、「buzz」を日本語化した言い方が「バズる」となったと言われています。

この「buzz」とは、蜂がブンブンと飛び回っている時の音の事で一箇所でなんかザワザワしている様子が語源で、「噂話などでガヤガヤ騒ぐ」といった意味合いの用法があります。

この用法を、ネット上でたくさんの人が集まっている様子を蜂が群がっているイメージになぞらえて、使われるようになったと言われています。

英語圏でも「buzz」は、口コミによる拡散を誘導するマーケティング手法にも使われていて、「バズマーケティング」という言葉もあるくらいです。

「バズる」は、英語の動詞「buzz」の「噂話などでガヤガヤ騒ぐ」が由来である。

 

「バズる」と「炎上する」の違い

ここまで、「バズる」の意味と由来について説明してきましたが、似た言葉として、ネット上でアクセスが爆発するときに「炎上する」という言葉もありますよね。

「バズる」と「炎上する」では意味が違うので注意です!

「バズる」とは、SNSなどのインターネットで、もっぱら短期間に爆発的に話題が広がる場合のことを指すのに対して、「炎上する」は、短期間に爆発的に話題が広がる点は「バズる」と同じですが、好意的な興味・関心ではなく、むしろ反感や嫌悪感に基づく非難・批判によって話題として広がることを言います。

よく芸能人のSNSで「炎上中」なんてことを聞きますが、この場合はSNSの発言や挙動が批判を呼び、非難や中傷のメッセージでブログやツイッターが埋め尽くされている状態のことを言います。

なので、「バズる」とは意味合いが違います。

「バズる」
  良い意味で、SNSなどのインターネットで短期間に爆発的に話題が広がること

「炎上する」
  悪い意味で、SNSなどのインターネットで短期間に爆発的に話題が広がること

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この機会に正しい「バズる」をマスターして、語源をドヤ顔でお友達に教えてあげてください!

参考になれば幸いです。

こんな記事もおすすめ