ブログ

WordPressリンク切れ対策!自動チェックのプラグイン「Broken Link Checker」

こんにちは!テンパです。

今回は、ブログのリンク切れの対策方法をご紹介します!

ブログやWEBサイトを運営していると、他のサイトへのリンクを貼ることがありますよね。

そのリンクを貼った後、そのままずーっと放置していると、リンク先のサイトがなくなってしまったり、URLが変更になっていたりして、アクセスできない!
なんていうことが起きたりします。

リンク切れがあると、せっかく訪問してくれた方をがっかりさせてしまいます。
また、そのまま放置していると、SEO的に、とっても好ましくありません。
最悪、検索エンジン(Googleなど)の評価を下げかねません!

チー
チー
がーん


だからといって、自分でマメにクリックして、アクセスできるかなどのメンテナンスをするのは、大変な作業です。

そして、記事数が増えれば増えるほど、その作業がどんどん面倒になってきます。

チー
チー
面倒なのはいや~、どうにかならないの?

テンパ
テンパ
WordPressを使っている方なら、とっても便利なプラグインがあるのです!

冒頭でブログのリンク切れ対策をご紹介と言いましたが、できれば、自動でリンク切れをチェックしてくれて、しかも知らせてくれる、そんなツールが欲しいですよね!

実は・・・そんな超便利なWordPressプラグインが存在します!

それが「Broken Link Checker」です。

「Broken Link Checker」は、外部のサイトへのリンク切れがあるかチェックして、お知らせしてくれたり修正してくれたりする、WordPressのプラグインです。

テンパ
テンパ
WordPressを使ってブログを書くなら
是非入れておきたいプラグインのひとつだよ!

そこで、「Broken Link Checker」のインストール、設定、使い方を詳しく説明していきます。

 

「Broken Link Checker」のインストール

「プラグイン」→「新規追加」を開き、「キーワード」に Broken Link Checker と検索すると、赤枠のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」→「有効化」します。

これでインストールが完了しました。

 

「Broken Link Checker」の設定

「設定」→「リンクチェッカー」から「Broken Link Checker」の設定ができます。

基本的にインストールした状態ですぐに使用可能ですが、自分の好みに合うように設定を変更しましょう。

変更が終わったら、最後に「変更を保存」を必ずクリックしましょう。

「一般」タブ

① 各リンクをチェック
リンクをチェックする時間の間隔を設定できます。
デフォルトでは72時間ごとに設定されていて、リンクを定期チェックしてくれます。

② メールで通知
リンクエラーの通知を、メールで受け取ることができます。
テンパは通知メールがあまり好きではないので、チェックを外しています。

③ リンクの調整
デフォルトだと一番上にチェックが入っていて、エラーのリンクを横線で消してくれます。こんな感じで表示されます。 →  参考リンク

この設定を変えたい場合は、「CSSの編集」から変えることができますよ!

 

「含まれるリンクを探す」タブ

ここでは、どこのリンクをチェックするかを選べます。

④ 含まれるリンクを探す
基本はデフォルトのままでOKです。

⑤ 投稿のステータス
公開済み以外にも、下書き等にもチェックを付けると、それぞれリンクをチェックしてくれます。

 

「チェックするリンクの種類」タブ

ここではリンクの対象を選ぶことができます。

リンクの種類
言葉の通り、リンクの種類を選ぶことができます。
最低でもHTMLリンクとHTML画像にチェックが付いていれば大丈夫です。

 

以上、設定をいろいろ変えて、自分の好みにカスタマイズしましょう!

 

「Broken Link Checker」の使い方

リンクエラーがあれば、「ツール」の「リンクエラー」に数が表示されます。

テンパのブログは2件のリンクエラーがありました。

リンクエラーを修正する場合は、そのまま「リンクエラー」をクリックします。
開くとリンクエラーがあるページが表示されているので、それぞれ希望のものクリックすると以下の状態になりますので、必要に応じてアクションを選びましょう。

①URLを編集する
 → 設定してあるURLを、直接編集することができます。

②リンク解除
 → テキストからリンクが削除されます。

④リンクエラーではない
 → エラーと判断されたURLを、正常と判断させます。

⑤無視
 → リンクエラーから非表示になります。

⑥再確認
 → リンクエラーの状態を、再チェックしてくれます。

 

ちなみに先ほど設定で説明したとおり、エラーのあるリンクは、こんな感じで表示されていました。 → 参考リンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
今回はリンク切れの対策に「Broken Link Checker」をご紹介しました。
リンク切れが多いサイトは読みづらい上に信用が低くなってしまいますし、SEOの観点からしても良くありません。
導入必須の、ありがたいプラグインだと思いますので、是非ご検討くださいね。
 
参考になれば幸いです。
こんな記事もおすすめ