ブログ運営

Twitter(ツイッター)フォロー上限と5000を超えてフォローできない時の対処法

こんにちは!テンパです。

ブログを運営していると、集客目的でツイッターを利用している人も多いかと思います。

さて、そんなツイッターでフォローしているとフォロー上限に達しましたと表示されたことありませんか?

フォロー数を増やしていくと、いつかこのメッセージが表示されます。

なんだ、これ以上フォローすることできないのか・・・。

あれ!?でも、1万フォローしているアカウントもいるぞ?

もしかして、自分のアカウントだけ制限がかかっている!?

それは単純にフォロワー数がフォロー数より少ないためです。

そこで、今回はツイッターのフォロー上限についてまとめていきます。結論から言うと1.1倍と覚えておきましょう!

ブログ運営はツイッターが重要

ブログ運営でPV数をあげるために、SNSを活用するのがおすすめです!

ただブログで記事をアップしても、検索エンジンからの流入は3ヵ月ぐらいの時間が経たないとPV数が伸びません。効率的にPV数をあげるには、少し時間がかかり過ぎます

しかし、SNSで自分のブログの記事を紹介をすることで、興味を持ってくれたユーザーがSNSを通じてサイトを見てくれます。たとえ検索エンジンの上位に表示されていない記事でも、ダイレクトでページを訪れてくれるので、PV数アップにつながります。

しかも、それでお気に入りに登録してもらえたら、継続的に自分のサイトを見てもらうことができます。

自分でSNS内で宣伝するという手間が必要になりますが、ブログで収益化を図りたいなら重要な作業の一つと言えます。

特にツイッターはSNSの中でユーザー数がトップクラスで、世界中で利用されているSNSのひとつなので、有効活用することがおすすめです。

ツイッターのフォロー数には上限がある

前述した通り、ツイッターを利用することでPV数は飛躍的にアップします。しかし、ツイッターで自分のブログの記事をツイートしただけでは見てもらえません。

まずはフォロワーを増やす必要があります。

ツイッターでフォロワーを増やすには、継続的に良質な投稿をする以外では、自分からフォローして相手にフォローバックをしてもらうことです。

そのため、興味があるアカウントや、フォローバックしてくれそうなアカウントを、ひたすらフォローし続ける必要があります。

この作業をしていると、フォロー数が5000までは特に制限なくフォローすることができますが、5000を超えると「フォロー上限に達しました」という表示が出て、フォローができなくなってしまいます。

そう!フォロー数には上限があるのです!

フォロー数の上限制限が適用される基準は5000からとなります。

 

フォロー数が5000を超えると上限は1.1倍まで

フォロー数が5000を超えなければ特に制限はないのですが、超えてしまうと1.1倍の制限が設けられます。

この制限とは、フォロー数5001以上からは、「5000またはフォロワー数の1.1倍のどちらか大きい値」+1人までしかフォローすることができないというものです。

つまり、5002人以上の人をフォローするためには、4548人以上のフォロワー数が必要ということです。          

例えばフォロワー数が5000ならば、5000×1.1倍の5500までフォローすることが可能ということです。

 

フォロー上限を解除する方法

基本的にこのフォロー上限を解除することはできませんそのため、フォロー上限を上げるために、フォロワーを増やす必要があります。

しかし、上限に達してしまったけど「自分をフォローしてくれた人にフォローバックしたい」など、そんな時はフォローリストから非アクティブなアカウントを解除するのがおすすめです。

ちなみにフォローリストを整理には、ツールを使うと便利です!

 

まとめ

いかがたっだでしょうか?

フォロー数が5000を超えると上限制限が入り、フォロワー数の1.1倍までしかフォローすることができません。

そのため、ブログ運用などの集客にツイッターを利用している人は上限に注意しながらフォローすることをおすすめします。

過度のフォロー追加や解除は、botと思われてアカウントが凍結されてしまうことがあるので、注意しましょう!