薬剤師シリーズ

薬剤師が教える裏ワザ!調剤薬局で待ち時間を減らす方法

あなたは調剤薬局でこんな経験ありませんか?

病院で発行された処方箋を持って、その病院の近くの調剤薬局に行くと、待合室にはたくさんの患者が待っています。
待ち時間は1時間以上になりそう。 
病院で待たされて、調剤薬局でもまた待たされて、くたくたになって帰宅する。

こんにちは、テンパです。
今回はこんな方に、薬剤師だからこそ知っている、調剤薬局での待ち時間を短縮する方法を教えます。

チー

頼りになるの

テンパ

家ではダラダラな私でも、外ではしっかり働いているのだよ!

 

プロフィールでも紹介させてもらっている通り、テンパの本業は薬剤師です。
薬剤師の勤め先としては、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあげられますが、テンパは最も一般的な調剤薬局の薬剤師として働いています。

現在、院外処方という制度が主流になっています。
院外処方とは、病院やクリニックを受診して、医師に処方箋を発行してもらい、それを調剤薬局に持っていき、薬をもらう制度のことです。
外来診療の場合は、ほとんどが院外処方となっているため、多くの方が調剤薬局にいらしたことがあると思います。

調剤薬局のイメージはどうでしょうか?
大きな総合病院の前にある調剤薬局はすごく混んでいて、長時間待たされるイメージがあるのではないでしょうか。

調剤薬局で働いていて、混んでいる時に良く見かけるのは

具合の悪い時に待たされて辛そうな方
待たされすぎてイライラしている方

その気持ちはすごくわかります。
こちらもできる限り、早く患者さんに薬をお渡しできるように努力をしていますが、混んでいる時間帯は、どうしてもお渡しに時間がかかってしまいます

また、待合室にはいろんな方がいます。
今の時期ですとインフルエンザが流行しており、長く待合室にいるだけで、インフルエンザや風邪の菌に感染してしまう確率が高くなります。
病気を治すために薬局で薬をもらいにきたのに、別の病気にかかってしまうなんて本末転倒ですよね。

テンパ

薬剤師としても、患者さんに早く薬をお渡しして、
早く良くなってもらいたい気持ちでいっぱいです。

薬を受け取るまでの流れ

患者さんが薬を受け取るまでの、大まかな流れについて説明します。

処方箋を受付で提出する
受付けた事務員が処方箋の内容をレセプトコンピューターに打ち込む
薬剤師①が、処方箋の内容に問題がないか確認
薬を取り揃える
薬剤師②が、処方箋の内容と、取り揃えられた薬が合っているか確認
患者さんに薬の説明
お渡し

テンパ

患者さんの命に関わることなので、
処方箋に間違いがないか、渡す薬は処方箋通りのものか、
薬剤師が2人がかりでWチェックしています。

チー

お薬もらう前に、そんなことが行われているのね

待ち時間が長い理由

では、どんな時に患者さんの待ち時間が長くなるのでしょうか。

それは、混んでいる時に待ち時間が長くなるのはもちろん、患者さんが調剤薬局に持ってくる処方箋の内容によって、薬のお渡しにかかる時間が変わってきます

薬剤師としてお渡しに時間がかかる処方箋の内容

① 処方箋に間違いがある

処方箋の記載形式は国によって定められいて、それに不備があったり、薬の用法や用量が間違っている場合は、処方箋を発行した医師に必ず確認した後でなければ、患者さんに薬をお渡しすることができません。

テンパ

法律で決められているのです!

よくある処方箋の不備として、薬の用法がない! 
この薬は朝飲むのか、夜に飲むのかなど、記載がなくても、薬剤師なのである程度推測はできます。しかし、勝手に判断して患者さんに渡すことはできないため、医師に確認しなければなりません。

中には医師に上手く連絡がつかない場合もあって、確認がとれるまで、長時間患者さんを待たせてしまうこともあります

 

② 処方される薬の種類が多い

処方箋に記載されている薬の種類が多いと、最初のセレプトパソコンへの打ち込みから、処方箋の内容に問題がないかの確認、薬の取り揃え、取り揃えた薬の確認と全ての工程で時間がかかってしまいますが、患者さんにとって必要な薬なので、仕方がありません。

薬の種類が少なく、混んでいなければ、薬をすぐにお渡しすることができます

 

③ 薬の在庫が足りない

処方箋に記載されている薬が、調剤薬局で在庫がない場合です。
調剤薬局は毎日、薬を卸売業者に注文して、薬を取り揃えています
大体の薬は前日に注文し、翌朝に入ってきますが、急遽在庫がなくなった場合は、卸売業者に至急発注をします。
この至急発注をすると、卸売業者に在庫がある薬ならば、電話した後、大体1時間~2時間ぐらいで調剤薬局に薬を届けてくれます。

そのあと、患者さんに薬をお渡しするという流れになります。

 

④ 一包化調剤

患者さんの中には、何種類もの薬を飲んでいて飲み忘れが多い、手が不自由で薬を開けにくいといった方がいらっしゃいます。
このような場合、医師に許可をもらい、服用時間が同じ薬を1回分ごとに、小分けの袋に入れて、お渡しすることができます。これを一包化調剤といいます。

だたし、これをつくるのに、すごく手間と時間がかかります

調剤薬局で薬をもらうと、錠剤などはPTP包装と呼ばれる、プラスチックのシートに入った状態で渡されると思います。

一包化は、薬剤師がそのPTP包装1錠ずつバラして、用法ごとに分包機と呼ばれる機械でつくっているため、処方日数が長くて薬の種類が多い場合は、1人分の薬を作るのに30分かかったりします。

テンパ

一包化調剤は大変!

 

⑤ 粉薬、シロップ剤、軟膏剤

これらの薬の中には、製薬メーカーがすでに個別包装してくれているものもありますが、個別包装されていない場合は、薬剤師が薬を計量器等で計り、混ぜ、容器や袋にいれて、患者さんにお渡ししています。

 


チー

薬を作るのって、結構手作業なのね。

テンパ

そうなんです!

 

これらの薬を作る場合は、手作業が多く、その間付きっきりになってしまいます。
そのため、他の業務に手が回らなくなり、待合室が混み合ってくるという負の連鎖が始まります。

最近は医療機器メーカーがこれらの問題を解決すべく、自動調剤してくれる機械を発売していますが、値段がとても高価な上に、患者さん一人ひとりに合った調節が難しく、使い勝手が悪いのです。

チー

もしかして、呼ばれる順番が前後する理由って・・・

テンパ

そのとおり!
上で説明したケースの処方箋の可能性が高い

 

さあ、あなたの処方箋は時間のかかる・かからない、どっちでしょうか?

待ち時間を短縮するコツ

テンパ

ここから本題です!

その前に意外と知らない処方箋の知識

① 処方箋の期限は4日

処方箋には期限があり、処方箋に特に記載がなければ、発行した日を含めて4日有効です。
そのため、その期間内であれば、いつでも処方箋を調剤薬局に持っていける。値段も変わりません。

 

② 処方箋はどこの調剤薬局でも調剤してもらえる

処方箋を発行した病院・クリニックの近くにある調剤薬局じゃなく、家の近くの調剤薬局でも調剤してもらえる。

薬剤師として待ち時間を短縮するコツの説明

病院やクリニックから調剤薬局に処方箋をFAXで送る

総合病院を受診すると、会計の近くにFAXコーナーが設置されているのを、よく見かけると思います。
そのFAXコーナーから、調剤薬局へ処方箋を送っておくと、調剤薬局がその処方箋の内容で薬をつくっておいてくれるのです。

注意点としては、FAXを送ってすぐに調剤薬局に行っても、薬はまだ準備されていないので、少し時間を開けてから行きましょう。あと、FAXした処方箋の原本を調剤薬局で提出しましょう

 

調剤薬局に処方箋だけ渡して、数時間後、もしくは後日取りに行く

この方法も①と同様に、調剤薬局は処方箋の内容さえ分かれば、前もって薬をつくって準備しておくことが可能です。処方箋を受付で渡した後に、どれくらいかかるか聞いてみるのがいいでしょう自分が戻ってくる時間を伝えると、その時間までに薬を準備してくれます

 

総合病院から出た処方箋は、家の近くの調剤薬局に持っていく

総合病院前の調剤薬局は、基本混んでいます。
その理由は、総合病院は複数の診療科があったり、受診者が多かったり、1人で複数科受診して処方箋が2,3枚ある場合が多いためです。

なので、混んでいる調剤薬局を避け、家の近くの調剤薬局へ処方箋を持っていくと、多少混んでいても、近所なのでいつでも薬を取りにいくことができます

注意するのは、あなたが受診した診療科とは、全く違う診療科の近くの調剤薬局に処方箋を持っていった時です。薬の在庫がなく取り寄せになると、数時間かかってしまう場合があります
例)内科で発行してもらった処方箋を、眼科の前にある調剤薬局に持っていく。

注意する事

処方される薬には、今すぐに飲むべき薬と、そこまで急がない薬があります。
具体的に言うと、今すぐ飲むべき薬は、抗生剤など症状が出てから数日間しか飲まない薬急がない薬は、今まで飲んでいてまだ家にストックがある薬などです。

この間、調剤薬局でこのようなことがありました・・・

薬剤師として調剤薬局で働いていると、ある患者さんが来局されました。
その患者さんの持参した処方箋は、目の前にある病院で発行されたものではなく、少し離れた歯科で発行されたものでした。
処方内容は抗生物質が処方されており、発行された日から4日目の処方箋でした。
法律上問題はないのですが、患者さんの話を聞いてみると、抜歯したので薬がでたとのお話でした。
つまり、その抗生剤は抜歯した後、傷口から感染症を引き起こさないようにする、感染予防目的で処方されていたのです。本当は抜歯した後、すぐ飲み始める薬を、4日後から飲み始めても意味がないのでは・・・

 

このケースでは、薬を飲まなくても感染症にかからなかったので良かったのですが、待ちたくないなどの理由で家の近くの調剤薬局に持っていくと、今すぐに飲むべき薬をすぐにもらえない場合があります。

この場合、患者さんの健康に重大な影響を与えかねません
処方箋を発行した病院・クリニックの前にある調剤薬局だと、その薬はほぼ用意されています。

上で紹介したコツを試すなら、そこまで急がない薬の時にしましょう!

チー

見極めが大切なの!

まとめ

調剤薬局での待ち時間を減らすには

病院やクリニックから調剤薬局に処方箋をFAXで送る

調剤薬局に処方箋だけ渡して、数時間後、もしくは後日取りに行く

総合病院から出た処方箋は、家の近くの調剤薬局に持っていく

以上のことを試してみるだけで、あなたの時間のかかる処方箋も、グーンと待ち時間が変わるのではないでしょうか。
待ち時間が短縮されれば幸いです!

こんな記事もおすすめ